What's New

What's New

What's New最新情報

2009年度後期報告

卒業発表会

卒業生43名が、2年または1年半の集大成として、卒業発表会を行いました。グループごとに自分たちでテーマを決め、それについてインタビューやアンケート調査を行ったり、または文献を調べたりして得られた結果をパワーポイントを使って発表しました。「就学生の睡眠について」「見直そう!食生活」「ドラマからの発想」などのテーマがありました。後輩たちも、先輩の発表を熱心に聞いて質問をするなど、活発な会になりました。

千年中学校交流会

毎年恒例の地域の中学校との交流会です。「音楽・美術」「言葉・遊び」「料理」の3つのグループに分かれて交流しました。それぞれのテーマについての中学生の発表を聞き、その後、一緒に活動しました。「音楽・美術」では、中国の歌を教えて一緒に歌いました。「言葉・遊び」では、中国語の日常会話を教えました。「料理」では、餃子を作りました。そして、最後にみんなで餃子を食べました。

外国人留学生によるスピーチコンテスト

福山市の外国人留学生によるスピーチコンテストで、本校からは中国人の黄春涌さんと滕乙曄さん、ベトナム人のハイさんが出場しました。それぞれ、留学生活で感じたこと、学んだことなどを堂々と話しました。そして、ハイさんが「よくなればうそでもいい」というテーマで、優秀賞を受賞しました。また、その後の交流会で、地域の方や他の学校の留学生とも交流し、有意義な時間を過ごしました。

卒業式

第19回卒業式が2010年3月1日に行われました。この日卒業を迎えた学生は進学2年コース10名、進学1.5年コース32名の計42名(中国41名、ベトナム1名)でした。式では、校長より「皆さんの可能性は無限大です。2つの言葉と文化を理解されていることは大きな武器になります。責任と覚悟を持って夢に向かって進んでください」との式辞がありました。

入学式

2010年度前期入学式が、4月20日に行われ、23名(中国13名、ベトナム8名、タイ1名、ネパール1名)の新入生が入学しました。校長は式辞で「今日は皆さんの留学生活が始まる日です。はじめに計画を立て、自分自身に目標を掲げてください」と期待の言葉を述べました。新入生は一人一人日本語で自己紹介を行い、式の最後に在校生より歓迎の歌が歌われました。

2010年度前期 行事予定

4月 1日(木) 前期始業式
17日(土) 関大一高交流会
20日(火) 2010年度前期入学式および新入生歓迎会
5月 1日(土) 課外活動(瀬戸大橋、倉敷)
6月 20日(日) 第1回日本留学試験
7月 4日(日) 第1回日本語能力試験
25日(日)外国人日本語よみかたりコンクール
31日(土)~8月15(日)夏休み
8月 22日(日)創立20周年記念行事
9月 24日(金)前期終業式
備後地区進学説明会