設置コースと特徴

コース紹介

設置コース

弥勒の里国際文化学院日本語学校では、以下の3つのコースを設置し、日本語学習を中心として、日本文化や日本事情を学び、日本の生活習慣を身に着けるための『総合的な留学生教育』を行っています。また、別途日本語を学びたい外国人を対象に各種レッスンを提供しています。

【留学生対象コース(在留資格「留学」)】

  • ◆ 日本語学科進学2年コース、進学1.5年コース
  • ◆ 進学教養学科1年コース

【一般対象コース(在留資格「留学」以外)】

  • ◆ 企業向けレッスン
  • ◆ プライベートレッスン

5つの特徴

<特徴① 総合的留学生教育>

全寮制により、学習面・生活面を統合した留学生教育を丁寧に行います。

<特徴② 出席率100%>

全寮制と教職員の熱心な指導により、全員出席率100%を目指します。

<特徴③ 大学院進学クラス>

大学院進学を希望する学生に対し、教授との連絡の取り方、研究計画書の書き方、発表や口頭試問の指導、日本語や英語の特別指導を行います。

<特徴④ 進学教養学科>

入学資格をN3以上とし(国外応募はN2以上)、日本語学科修了後1年間で大学進学を目指します。

<特徴⑤ 無料の各講座>

授業外に設けられた各講座は全て無料。学生のやる気に応え、多様なクラスを開講します。